メンズ冬ファッショントレンド2015

男の冬服を好印象に変える!今年の冬ファッションのトレンドは?

 

男の冬ファッションに大事なのは、あまりにも格好つけすぎず、かといって、だらし無くなり過ぎず…のバランス感覚。

 

そこで、ここでは、2015年のメンズ冬服のトレンドの中から、これを買っておけば、

 


好印象を与えるコーデがしやすい

 

っていうアイテムをピックアップしてみました。

 

まずは、ブルゾンです。

 

細めシルエットのブルゾンが使える

 

今季のブルゾンは、ミリタリーテイストが全面にでた細身のシルエットが主流です。ごつすぎず、カジュアルすぎずのミディアムレア的なデザインがポイントになります。

 

エレガントながらも、骨太なスタイルが旬なブルゾンが、各ブランドからでそろっています。

 

 

上品レザーの黒ブルゾン ユナイテッド・アローズ(UNITED ARROWS)

 

シャツのように軽快な気心地のブルゾンは、繊細で柔軟なナッパレザーで仕立ててあります。

 

よくある牛革仕様は、重厚で野暮ったくなりがちですが、ナッパレザーなら、スリムで今ときなシルエットになります。

 

黒レザーには、ボトムスをチノで合わせるのがベストな組み合わせです。

 

コーデュロイのG9(ジーナイン) バラクータ(BARACUTA)

 

名作のG9(ジーナイン)をコットンコーデュロイで仕上げてあります。以前のものよりもタイトにリサイズして、モダンな雰囲気に進化しています。

 

カラーバリエーションも豊富なので、テイストに合わせた、好みのスタイルに仕上がります。コーデュロイならではの、温かみのある風合いがエレガントです。

 

フロスト加工のヴィンテージ チルコロ1901(CIRCOLO 1901)

フロスト(霜)加工による、フラップポケットの縁やカフス部分などに見られる味わい深さは、買ったときからヴィンテージのような、深いこなれ感があるのが魅力です。

 

やや起毛感のある、コットン仕立てのシンプルなブルゾンです。

 

ストレッチの効いた、すっきりとしたシルエットとマスティックカラーが、大人の余裕を感じさせる1着です。

 

ミリタリー好きのMA-1 スピワック ゴールデンフリース(SPIWAK GOLDENFLEECE)

 

トレンドアイテムのMA-1は、男らしさを演出するには最適な1着です。

 

ベース素材はデッドストックに近い生地感を再現しながら、アーム部分や身幅はやや細めの作りにして、現代的なシルエットに仕上げています。

 

センタージップはスライダー仕様で、背ぬけの裏地にはカモフラ柄をあしらったディテールもポイントです。