メンズストールのおすすめ

メンズストールは、大判をマント風に羽織るのがおすすめ!

 

この秋からのメンズストールのトレンドは、ズバリ大判ストールです。

 

マント風に羽織るのが、最旬のストール使いになります。

 

たなびくストールで動作が優雅に見えて、男っぽい包容力も演出してくれる好印象のアイテムです。

 

定番のアフガン巻きやピッティ巻きなどの、自然なニュアンスで襟元を演出する技は すでに最先端とは言えません。コートやジャケッとの襟元の過剰な膨らみは、ラグジュアリー感はあっても、時代遅れです。

 

今季は、大判ストールをマント巻きにするのが正解です。

 

防寒面でも上半身をカバーする範囲の広い、マント巻きはオススメです。

 

ピエール・ルイ マシアの総柄のストールは、さまざまなインスピレーションをストールに落とし込んだアートな1枚です。

 

ダークグリーンのカラーリングが、ミリタリーテイストを醸しだしています。

 

大胆なダークグリーンの柄ストールは、1枚で迫力を出せるうえに、巻いても個性を十分に発揮します。

 

スーツスタイルにオススメなのが、エルマン ノ ガッラミー二のウールの服地を使用したストールです。

 

表地はネイビーのヘリンボーン柄で、上品なスーツやジャケットスタイルと相性がいい1枚です。

 

内側にポケットがついていて、機能面でもビジネス仕様になっています。

 

 

トレンドのグレンチェック柄を大胆に配しているのは、ウンベルト フォルナーリのストールです。

 

ただのチェックではなくて、白黒のチェックが大柄なところが流行をおさえていてお洒落です。

 

羽織りやすいポンチョ風の仕立てになっていて、簡単にマント風に巻くことができます。